ニッタバイオラボ コラゲネイドはじめてセット

ビタミンCとコラーゲン

ビタミンCとコラーゲン

体内でのコラーゲン生成に「ビタミンC」が必須だということは、多くの方がご存知でしょう。

以下からは、少々難しくなります。

コラーゲンには他のタンパク質には無いアミノ酸「ヒドロキシプロリン」と「ヒドロキシリジン」があり、特にヒドロキシプロリンは、コラーゲン分子の3重らせん構造を担いその強さを作り出す重要なアミノ酸です。

ヒドロキシプロリンもヒドロキシリジンも、最初はヒドロキシ化していない「プロリン」と「リジン」として合成され、タンパク鎖が形成された後で小胞体内で「プロリルヒドロキシラーゼ」という酸化還元酵素によって「ヒドロキシ基」が付加されます。

ヒドロキシプロリンは、ヒドロキシ基を持つことによって「水素結合」を作ることが可能となり、コラーゲンの3重らせん構造を安定化しているのです。

「ビタミンCは!?」

ビタミンCは、プロリンが酵素によってヒドロキシ化するときに、プロリルヒドロキシラーゼの補酵素として不可欠なのです。

また、この時に「鉄」が補因子として必要となります。

ということで、ビタミンCが欠乏すると、正常なコラーゲン合成ができなくなり、全身の皮下や歯肉、関節内や消化管などから出血が起こりやすくなる「壊血病」を引き起こしますが、先進国ではほとんど皆無です。

コラーゲンにはビタミンC?

コラーゲンドリンクやサプリメントには、その多くにビタミンC(VC)が配合されています。

前記のような仕組みですから、コラーゲン生成にはビタミンCが必須だと・・・

しかし、その必要量はごくわずかで、現代の日本ではまず不足することはありません。

厚生労働省が発表している「日本人の栄養所要量」でも、ビタミンCの所要量は「100㎎/日」なのです。

また、ビタミンCはいくらたくさん摂取しても、不要分は排泄されます。

ただ、ビタミンCにはコラーゲン生成以外にも、鉄分やカルシウムなどミネラルの吸収促進や傷の治癒、風邪やインフルエンザなどのストレスや治癒にビタミンCの要求量が増大するため、その面では日頃から大目に摂取することがすすめられています。

では、コラーゲン生成も健康サポートも含めて、1日どれくらいビタミンCを取れば良いのか?

大雑把に「ビタミンCは1日1000㎎」と考えています。

以上「ビタミンCとコラーゲン」でした。

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ
★上の二つのブログランキングに参加しています。ぜひ「ポチッ、ポチッ!」とお願いします。


[PR] コラーゲン専門店シーエスストアー

当サイトは、コラーゲン専門店シーエスストアーが運営しています。

コラーゲンのプロが、多くの国内原料コラーゲンベンダーから厳選した高品質な5種類のコラーゲンを消費者に直接お届けします。

本当に必要なものだけをお届けしたいという想いで、最高のコスパを実現しました。

本店・アマゾン店・楽天市場店・ヤフー店がございますので、お客様が利用しやすいお店で、ぜひ一度お試しください!

[スポンサードリンク]

コラーゲンの口コミ募集中

コラーゲンサプリメントやドリンクなど、あなたがこれまでにご利用になった商品の感想や評価の口コミをお寄せください。

口コミ送信フォームはこちら

※500円相当をプレゼント!

コラーゲン専門店シーエスストアー

プロが厳選した国産豚皮由来から天然海洋魚皮由来まで5種類の無添加コラーゲンペプチド。
高品質と低価格を両立しました。

シーエスストアーの検索結果

コラーゲン専門店シーエスストアーアマゾンamazonコラーゲン専門店シーエスストアー楽天市場店楽天市場コラーゲン専門店シーエスストアーヤフーYahoo

コメントを残す

コラーゲン Labo.com TOP

このページの先頭へ