コラーゲンと血管

コラーゲンは皮膚や骨などの骨組となり、それらの強度と弾力性を担っていることは、これまで何度も解説してきました。

血管の構造

そのコラーゲンが「血管」でも、その強度と弾力性を担う重要な成分だということもわかっています。

血管は大きく「内膜」「中膜」「外膜」の3層になっており、コラーゲンは「中膜」に主に存在し、血管の強度と弾力性を担っています。

血管のコラーゲンが劣化し強度や弾力が失われてくると、高血圧になりやすくなったり、血流が悪くなり血栓ができたり動脈硬化を引き起こす要因にもなります。

さらに、ごく一部の学説ですが、血管のコラーゲンの劣化によって、心筋梗塞や脳梗塞の原因でもある「アテローム性(粥状)動脈硬化症」が引き起こされるというものがあります。

アテローム性動脈硬化症は、血管の内膜にLDLに含まれていたコレステロールや脂肪がお粥のような柔らかい沈着物(プラーク)となってたまっていき、内膜がどんどん厚くなります

これは、高血圧や糖尿病などによって血管に負担がかかると、血管の内皮細胞に傷がつき、内皮が持っている動脈硬化を防ぐ働きが失われるためだと考えられていますが、この学説ではコラーゲン劣化も原因だと解説しています。

この内容はこうです。

  1. 加齢によりコラーゲン合成が低下すると、コラーゲンの新陳代謝が遅れるため新鮮なコラーゲンが供給されず血管内のコラーゲンは老化します。
  2. 老化したコラーゲンは脆弱なコラーゲンとなるため架橋形成が促進されます。
  3. その架橋形成によって「ひげ状の繊維」ができます。
  4. そして、そのひげ状の繊維が傷ついた内膜から血管内に顔を出します。
  5. それがちょうどアイスクリームの芯棒のようになり、血液中の血小板やコレステロールがまとわりついてプラークが形成される。

という内容です。

この学説は、欧州などの「特許」を取得しているようですが、学説としてはまだ「多くの科学者によって再現性の確認や多角的な評価がなされている。」わけではなく、あくまでも、ひとつの学説です。

当社が運営する「コラーゲン専門店シーエスストアー」でも、この学説の本を読んでコラーゲンを購入される方が増えていますから、一定の支持はあるようですね。

今回は、コラーゲンと血管についてでした。