健康

コラーゲンが身体に良さそうなのは分かるけど、本当に効くのかどうか疑問に感じませんか?コラーゲンの効果から、なぜ摂取する必要があるのか詳しく解説していきます。

コラーゲンがもたらす効果

コラーゲンがもたらす具体的な効果について知っていますか?あなたが知らなかったコラーゲンの全てをこの記事で解説します。記事を読み終わった後には、コラーゲンの素晴らしさに驚くことでしょう。

コラーゲンは体の適性はあるのか

コラーゲンは、体内で消化できない栄養となり、様々なトラブルの原因となることがあります。その主な原因は、適切な摂取量や摂取方法にあります。コラーゲンには脂質が多いものがあり、適量にしなければニキビができたり、体重増加に繋がってしまうことがあります。過剰摂取した場合は、胃でアミノ酸に分解され排出されなかった余分なアミノ酸は脂肪となり、セルライトができる原因になります。腎臓が弱い人は、排尿に悪影響を及ぼしむくみや頭痛が出やすくなることがあります。コラーゲンを濃縮した物などはアレルギーの原因となりやすいことから注意が必要です。また、鶏や卵にアレルギーのある方は、鶏軟骨由来のⅡ型コラーゲンは避けることをオススメします。特に、妊娠中などの方については、安全面に十分配慮し、多量に使用することは避けましょう。体質にもよりますがコラーゲン製品を利用する場合は体調の変化に十分気をつけて摂取し、異変があった場合はすぐに病院で診てもらいましょう。

栄養不足とコラーゲン

栄養不足とコラーゲンには密接な関係があります。食べ物からの栄養(特にタンパク質)が足りていない状態だとコラーゲンが不足した状態になってしまいます。コラーゲンが不足した状態になると、骨のカルシウム分が定着しにくくなって、骨がもろくなり骨粗鬆症になりやすくなると言われています。また、肌の保水力が低下し乾燥しやすい肌になってしまいます。このように栄養不足に陥ると、コラーゲンの生成が促進されず老化する原因となってしまうのです。

美容コラーゲンとは

美容におけるコラーゲンの働きは、角層で潤いを保持し健康的な肌を育みます。化粧品に配合されているコラーゲンは、肌の潤を保つ保湿成分があります。肌は表面を通過した光を反射するため、コラーゲンの密度が高ければ肌は明るく、コラーゲンの密度が低ければ肌はくすんで見えます。肌深部のコラーゲンは加齢とともに減少するため、美容コラーゲンで補うことをオススメします。網目状に張り巡らされた繊維の形が崩れ、シワやたるみに繋がるのを防ぎ、肌を支える効果が期待されています。しっかりとコラーゲンを補給することで肌の老化を防ぐことが期待できます。

コラーゲンをなぜ摂取する必要があるのか

コラーゲンをなぜ摂取する必要があるのかについて深く解説していきます。正しい摂取方法をしないと様々なデメリットがあるので、最後まで読んで適切に摂取しましょう。

コラーゲンの正しい摂取方法は

コラーゲンの1日の摂取目安量は5〜10gとされています。コラーゲンサプリを飲めば飲むほど効果が期待できると思いがちですがそんなことはありません。適切な量を摂取することに意味があります。1日にコラーゲンを5g摂取するには、牛すじで約100g、手羽先で約335g、アジの開きで約500gとなるため、毎日食品から摂ることは難しいです。また、食事由来のコラーゲンは分子が大きいため、消化吸収されにくいと言われています。 コラーゲンを食べたけど効果がなかった…という感想を持ってしまうのはそれが原因かもしれません。食事やサプリメントなどで摂取したコラーゲンは体内吸収されてから約24時間経つとなくなると言われて、そのため毎日摂り続けないと体内のコラーゲンはどんどん減少していくことになってしまいます。ですので、足りない分を毎日サプリメントで補うことがオススメです。

コラーゲンは過剰摂取すると太るのか

結論から言うと、コラーゲンの摂取で太ることはないと言えるでしょう。なぜなら、コラーゲン自体のカロリーは低い部類に入るため、大量摂取したからといって太るものではありません。ですが、摂取方法によっては太ってしまうケースもあります。コラーゲンで太ってしまうと言われているのは、十分なコラーゲンを摂取するために、カロリーの高い食材を多く口にしないといけない所にあります。コラーゲンそのものを摂取する場合、コラーゲンには味がないため、砂糖など甘味料などで食べやすくすることも多いです。その結果、多く摂取しようとすると過剰な甘味料摂取に繋がり太ってしまうことがあるのです。また、コラーゲンの過剰摂取は、消化不良を起こして下痢になったり、吹き出物やセルライトの原因になることもあります。 コラーゲンの過剰摂取が、肝硬変や肺繊維症といった病気を引き起こす原因になるとの研究報告もあります。稀に、アレルギー症状を発症する場合もありますので、コラーゲンの効き目が実感できないからといって大量に摂取することは控えましょう。

コラーゲンダイエットについて

コラーゲンには新陳代謝を活発にする働きと、体内で不要となった老廃物を出してくれる手助けをしてくれる働きが期待できます。つまり、コラーゲンを取ることで、コラーゲンに含まれるアミノ酸で脂肪燃焼効果と便秘解消も手助けすることが期待されています。代謝が衰えることで古いコラーゲンが分解できなくなり、分解時に発生するペプチドを自分で作り出せなくなるため、細胞に新たなコラーゲンを作る命令も出せなくなります。つまり、コラーゲンを摂取することで、肌や骨、関節などの新陳代謝を促進する効果、血流を増やすなどの基礎代謝促進が期待できます。その結果としてダイエットにも効果があると言われています。

コラーゲンが体にもたらす効能

コラーゲンが体にもたらす効能は、様々な効能があります。先ほどダイエットのお話をしましたが、他にも美肌への効能、骨への効能、関節への効能などがあります。これらについて詳しく解説していきたいと思います。美肌への効能は、ヒアルロン酸やエラスチンなどと肌を内側から支え、肌にハリと弾力を与え若々しい肌を保つ効能がありま。コラーゲンサプリを適切に摂取することで、体内のコラーゲン合成が促進され老化を防ぐ効能が期待できます。骨への効能は、強い骨が作られ健康的で丈夫な身体づくりが期待できます。骨を構成する80%の成分は、カルシウムやミネラルですが残りの20%がコラーゲンなどのタンパク質と言われています。コラーゲンが不足して骨がもろくなってしまうのを防ぐことが期待できます。関節への効能は、弾力性のある柔らかい軟骨となり、関節痛になりにくい効能が期待できます。関節を担う約50%はコラーゲンから構成されており、年を取るごとにコラーゲンは減少していきます。ですので、今のうちからコラーゲンサプリを摂取することで、将来歩いたり動かしたりするだけで痛みを伴うリスクを劇的に減少させる効果が期待できます。上記のこと以外にもコラーゲンには様々な効用が期待できます。奴圧や血糖値を調整する効果、筋肉量を増やす、抜け毛や白髪を防ぐ、動脈硬化を防ぐなどの効果が期待されています。このようなメリットが望めるコラーゲンサプリ…購入を検討されている賢明な判断をした、あなただけに低価格で高品質のコラーゲンサプリが手に入るサイトをご紹介します。それが、『コラーゲンLabo』です。あなたも是非、コラーゲンLaboで若々しい未来を手にしてください。