生コラーゲン

アテロコラーゲンとは、アレルギーなどの原因となる抗原性*を誘起する分子を除去したコラーゲンです。

抗原性を誘起する分子というのが、コラーゲン繊維分子の両端にある「テロペプチド」と言われるもので、テロペプチド同士が互いに結合してコラーゲン分子同士の架橋を形成します。

テロペプチドを持ったコラーゲンを「トロポコラーゲン」と呼び、人間などの動物の体内ではトロポコラーゲンが架橋を形成しながら「不溶性コラーゲン」を形成して骨や皮膚の強度や弾力性を担っています。

トポロコラーゲンからテロペプチドを取り除くには、ある種の酵素を用いる方法とアルカリ処理をする方法があります。

テロペプチドを取り除いた「アテロコラーゲンは」抗原性が非常に低いためアレルギーなどを起こすことがなく、医療用のインプラント材料として美容治療に利用されたり、組織工学用の足場材料として軟骨細胞培養などの再生医療にも利用されたりします。

また、その安全性の高さから一部の化粧品やサプリメントにも利用され、原料自体も高額なことから、通常のコラーゲンやコラーゲンペプチドを使用するものと差別化をしています。

ただ、コラーゲンサプリメントを食べてアレルギーが出ない限りは、サプリメントでは高額なアテロコラーゲンでなくても一般的なコラーゲンペプチドのもので十分だと考えます。

*抗原性:

免疫細胞上の抗原レセプターに結合し免疫反応を引き起こさせる物質である「抗原」が「抗体」(体内に侵入してきた細菌やウイルスなどの微生物や、微生物に感染した細胞に結合して除去したり免疫反応を示すもの)に結合することができる抗原の性質