エラスチンとコラーゲンの関係

美容に関心の高い方はもうよくご存知かもしれないですが、最近になって「エラスチン」を配合した美容サプリメントが増えてきました。

エラスチンはコラーゲンと深い関係のある成分ですので、ここで詳しく解説します。

エラスチンとは

エラスチンは「タンパク質」で、そのなかの「硬タンパク質」に分類されます。

硬タンパク質には、エラスチンの他に「コラーゲン」や髪の毛や爪などの「ケラチン」などがあり、これらは繊維状タンパク質で、水や塩溶液、有機溶媒や弱酸・弱アルカリなどのほとんどの溶媒に溶けない不溶性の性質を持ちます。

エラスチンは、骨と骨を繋ぎ関節を形作る靭帯(じんたい)に多く含まれ、最も多いのは「項靭帯(こうじんたい)」と呼ばれる頭を支える靭帯で、約78~80%がエラスチンです。

動脈では、その乾燥重量の約50%がエラスチンで、血管の真ん中にある中膜でコラーゲンと共に存在して動脈の強度と弾力性を担っています。

また、肺は約20%がエラスチンでできており、こちらもコラーゲンと共に存在して、肺がパンクすることなく伸縮し呼吸できる構造を担っています。

そして、本当はみなさんが一番気になる「皮膚」ですが、エラスチンは「真皮」の約2~5%を占め、コラーゲン繊維を結び付け束ねる役割を担っています。

エラスチンとコラーゲンの関係
このように皮膚では、あくまでもコラーゲンをまとめる役割で、その隙間にヒアルロン酸も含み皮膚のハリと弾力を保つことをサポートしているのです。

エラスチンの代謝と老化

このように、皮膚はもちろん血管や人体などで大切な役割を果たすエラスチンですが、コラーゲンと同じく加齢とともにその量も減少し劣化してきます。

エラスチンの代謝にはエラスターゼをはじめとするタンパク分解酵素が関わり、ゆるやかにエラスチンを分解し、新しいエラスチンが線維芽細胞などでつくられます。

特に皮膚では、コラーゲンの生成とエラスチンの生成には密接な関係があると考えられ、コラーゲンの代謝が活発であれば、同時に必要なエラスチンも生成されるようです。

ある原料メーカーの実験では、

ヒト線維芽細胞の培養液中にエラスチンペプチドを添加して、5日間培養したときの繊維芽細胞数とコラーゲン産生量を測定しました。その結果、対照群に比べてエラスチンペプチドを添加したときの繊維芽細胞数とコラーゲン産生量が増加し、繊維芽細胞が活性化されました。

と、発表しています。

エラスチンの補給

コラーゲンは、ウナギやフカヒレなどの魚類、鶏肉や豚肉などの肉類など、日頃の食事でも摂取できています。

しかし、エラスチンは食事からは摂取しにくいタンパク質なのです。

だからこそ、最近のサプリメントにエラスチンを配合したものが増えているわけですが、コラーゲン同様にエラスチンもタンパク質ですから、経口摂取で補給したからといってそのまま皮膚などのエラスチン補給にはならないのです。

前項の実験例のように、サプリメントを食べて吸収されたエラスチンペプチドがコラーゲン生成やエラスチン生成に何らかの作用をしているのではないかと推測されています。

以上、エラスチンとコラーゲンの関係についてでした。