コラーゲン豚由来と魚由来

前回「コラーゲンの種類」として、コラーゲンのアミノ酸配列や分子構造による分類について説明しました。

コラーゲンは、もうひとつ「由来原料」によっても種類があります。

タイトルのように「豚由来」や「魚由来」、そして少なくなりましたが「牛由来」、主にⅡ型コラーゲンに多い「鶏由来」などがあります。

また、その他には「スッポン」や「クラゲ」などもありますが、ごく一部の製品で使用されているだけのようです。

コラーゲンのサプリメントや化粧品の原料として使われているのは、やはり「豚由来」と「魚由来」がほとんどですが、魚由来は「海洋魚」「淡水魚」、「天然」「養殖」、「皮由来」「鱗(ウロコ)由来」と、その組み合わせにより種類が違います。

では、コラーゲン原料の主流である「豚由来」と「魚由来」の違いとはどんなところでしょうか?

これまでも「コラーゲンの変性温度」などで解説してきましたが、改めてその違いについて解説します。

豚由来
魚由来
原料価格 一般的に安い(市場規模が大きい) 一般的に高い(市場規模が小さい)
におい 一般的に「におい」は弱い 一般的に「におい」は強い
変性温度 サプリメントやドリンクで使用されているのは「コラーゲンペプチド」であるため、変性温度は比較対象ではない。
アミノ酸組成 大きく違うのは「ヒドロキシプロリン」の含有率で、豚由来の方が多く魚由来の方が少ない。
消化吸収性 アミノ酸までの消化分解は魚由来の方が良いと考えられるが、ペプチドでの吸収も含めると大差なし。
安全性 国内で流通している原料コラーゲンペプチドは、まず安全性は高い。

「違いを解説」としながら、なんともインパクトの無い内容となってしまいましたが、事実はこうなのです。

特に、原料価格については魚由来の方が高いのですが、それは品質に関わる要因ではなく、世界中で流通している量が圧倒的に豚由来のゼラチンやコラーゲンペプチドの方が多いため、原材料調達や加工設備のコスト比率が違うためです。

以上、コラーゲンの豚由来と魚由来の違いについてでした。