美容

・いつまでも若々しく美しい姿でいたいな…!

・コラーゲンって何となく肌に良いって言われているけど、実際そうなの?

 こんな疑問・悩みにおこたえします!

コラーゲンと言われると、皆さんはどんなイメージをも足られているでしょうか?なんとなく、「ぷるぷる」「もちもち」といったイメージが世の中に出回り、「美容に効果的」「女性に人気のもの」といったイメージを持っている人が多いのではないかと思います。しかし、「なんでコラーゲンが美容に良いの?」と質問をされたらその理由を応えることができますか?なんとなくイメージだけでとらえてしまっている人がほとんどなのではないでしょうか。そのため今回は、コラーゲンが持つ美容への効果を正しく理解し、そのメリットを最大限生かせる方法をご紹介したいと思います!

■この記事を読むと…

・コラーゲンが持っている美容への効果を正しく理解できる

・コラーゲンの美容効果を最大限享受する方法を知れる

 ぜひこれを機に、コラーゲンでステキな美肌を手に入れてくださいね!

コラーゲンが美肌に効果的なの??

コラーゲンが美肌に効果的な理由を徹底解明します。

肌荒れの理由はコラーゲン不足 

 コラーゲンと聞くと、真っ先に思い浮かぶのが「美肌に良い」という効果ですよね。実際、コラーゲンの不足は、しわやたるみといった肌荒れの原因になるため、こちらはイメージ通りの効果があります。しかしいったいなぜコラーゲンが不足すると、肌荒れを引き起こしてしまうのでしょうか?この理由を理解するためには、「そもそもコラーゲンっていったい何なの?」という段階から正しく理解する必要があります。まずコラーゲンというのは、たんぱく質と呼ばれる栄養素の中の一種です。たんぱく質は、炭水化物・脂質と共に身体を構成する三大栄養素と言われており、中でも特に筋肉や内臓を作り出すのがこのたんぱく質です。牛肉や豚肉、魚や乳製品から多く摂取できる栄養素ですね。その中でもコラーゲンは特に、皮膚を構成するたんぱく質として機能しており、なんと皮膚全体の70%もの割合をコラーゲンが構成しているのです。そのため、コラーゲンによって肌に弾力やハリが生まれているのですが、残念ながらコラーゲンというのは加齢とともに体内からその量が減少してしまい、20代をピークとして40代までに半分、60代までに約三分の一まで減少してしまうと言われています。そして、コラーゲンの量が低下してしまうということは、皮膚を構成していた体内成分が減ってしまうということにつながるため、結果として加齢とともに皮膚のハリや弾力が失われてしまい、たるみやしわといった老化現象が起こるわけなんですね。

 コラーゲンのメカニズム

 もう少しコラーゲンのことを詳しくご紹介していきましょう。先ほどコラーゲンは、「肌を構成するたんぱく質として特に高い割合を占める栄養素」とご紹介しましたが、実はコラーゲンにはそれ以外のもたくさんの効果があります。例えばコラーゲンは、カルシウムと共に骨を構成する重要な栄養素となっており、コラーゲンの量によって骨密度、つまり骨の強さが決まったりすることもあれば、髪の毛の生成・育成をつかさどる毛根幹細胞の働きを促進する機能があったりと、肌だけでなく老化全般の防止に対しても非常に重要な役割を果たしているのです。またコラーゲンの種類も1種類にとどまらず、確認されているだけでも約30種類のコラーゲンが存在すると言われています。一般的によく知られているⅠ型コラーゲンと呼ばれるコラーゲンは皮膚のハリや弾力に強く影響を与えるコラーゲンであり、さきほどの毛根幹細胞の働きを促進するコラーゲンは「17型コラーゲン」と言われ、発毛・育毛には欠かすことのできない栄養素となります。このように、コラーゲンと一口に言ってもその種類は非常に多く、ものによって体に与える影響はさまざまなのです。

 コラーゲンを吸収する仕組み

 「コラーゲンは老化防止に向けて良いこと尽くしなんだな!それなら、とにかくたくさんコラーゲンが入った食べ物を食べよう!」と思った人へ。実はコラーゲンというのは、コラーゲンが含まれているものをたくさん摂取すればそれだけで大丈夫、というわけではありません。そもそも、コラーゲンが含まれる食品を摂取したとしても、それがそのままコラーゲンとして体内にいきわたるわけではなく、摂取されたコラーゲンは体内の消化器内で様々な栄養素に分解され、血液を通して体中に運ばれていきます。そのため、コラーゲンが含まれる食品をただ摂取すればいい、というだけでなく、その吸収率や、体内でのコラーゲンの合成率を高めるための栄養バランスの取れた食事が必要不可欠となります。また、コラーゲンを多く含む肉類の過剰摂取はオーバーカロリーを引き起こし肥満の原因にもなりかねないので、むやみな過剰摂取は控えるようにしましょう。

コラーゲンを摂取できる美容機器とは

コラーゲンを摂取できる美容機器を徹底解明。

美容力を上げるために必要なコラーゲンの摂取方法と栄養素について

 「それじゃあ一体、どうやってコラーゲンを摂取すればいいの…?」と思った人も多いと思いますが、調べてみるといくつか方法が出てきます。まず一番は、サプリメントですね。オーバーカロリーの話をしましたが、サプリメントであればカロリーオーバーを気にすることなく効果的にコラーゲンを摂取できる商品も数多く存在します。しかし、サプリメントを購入する際は医学的に安全性が保障された商品を購入するよう心掛けるようにして下さい。また、スチーム器具やマッサージ器具といった皮膚の外部からコラーゲンを摂取するための機器も販売されています。効果的なものあるとは思いますが、いかんせん高価なものも数多く存在するため、金銭的に余裕のない人にとってはいささか手を出しづらい選択肢になるかもしれません。

美容に悪影響ないように!コラーゲン摂取の注意点

 また、コラーゲンを摂取しようとやっきになるあまり、美容や健康を損ねてしまう…なんてことにならないように注意が必要です。せきほども言った通り、たんぱく質の一種であるコラーゲンを食品からそのまま摂取しようと思うとカロリーオーバーを引き起こしてしまいかねません。美肌を手に入れようとして肥満になってしまうなんて、本末転倒ですよね。また先ほども紹介した通り、コラーゲンが含まれている食品を摂取しさえすればそのまま体内のコラーゲンが増えていく、というわけではなく、経口摂取したコラーゲンは消化器官でさまざまな栄養に分解されるため、自らの体内でコラーゲンを合成し、身体へ吸収しやすくなるための栄養バランスを考えることもまた必要不可欠です。このように、偏った知識でのコラーゲン摂取は、美容に意味がないばかりか悪影響を与えることにもつながりますので、コラーゲンを摂取する際には正しい知識で摂取をするための注意が必要です。

コラーゲンの栄養価

 最後にコラーゲンの栄養価ですが、さきほど紹介した通り、体内に摂取されたコラーゲンは一度消化器官内で分解されます。分解された後に何になるのかというと、「アミノ酸」ですね。ややこしいですが、たんぱく質を構成している要素がアミノ酸、だと思えば納得できるのではないかと思います。コラーゲンが一度アミノ酸に分解され、その中の一部が体の各部でまたコラーゲンに変換合成される、といった役割をしています。そのため、大事なのはいかに体内でコラーゲンが合成されるか、なんですね。

 コラーゲンを効果的に摂取したいならCSS storeの商品がおすすめ

いかがでしたか? 

最後に、カロリーオーバーを気にすることなく、かつ安価にコラーゲンを摂取したいと思うのであればCSS Storeのコラーゲン商品をおすすめしたいです!安全性も保障され、特に吸収率の高い低分子コラーゲンペプチドで作られたサプリメントのため、その吸収率は非常に高いことで好評です!ぜひこれを機に、美肌に効果的なコラーゲン生活にトライしてみて下さいね!