コラーゲンと骨の関係

「コラーゲンとは?」でチラッと説明していますが、人間の体を支える「骨」の約20%以上がコラーゲンなのです。

「コラーゲン=お肌」と考えている人が今でもほとんどですが、もちろん皮膚の乾燥重量の約70%がコラーゲンですから、コラーゲンはお肌でも大切な成分です。

「骨」と言えば、「カルシウム」が真っ先に頭に浮かび、骨はカルシウムで出来ていると思っている方も多いと思います。

カルシウムの色は白く骨もまた白いので、イメージとしてもそう思いますよね。

骨の色が白いのは、その通り主にカルシウムの色です。

骨の成分を簡単に説明すると、

  • リン酸カルシウムなどの無機質が約70%
  • コラーゲンなどの有機質が約20%
  • 水分が約10%

となっており、有機物の約90%がコラーゲンです。

コラーゲンは重量では20数%ですが、体積で見ると骨の約半分をコラーゲンが占めています。

その役割としては、カルシウムが骨の硬さを担い、コラーゲンが弾力を担っているのです。

もし、骨がチョークのようにカルシウムだけの塊としたら、硬いだけですぐ折れてしまいます。

例えるならば「鉄筋コンクリート」で、コラーゲンが「鉄筋」コンクリートが「カルシウム」で、骨が「鉄筋コンクリート」と考えてください。

こんな鉄筋コンクリートのような骨があるからこそ、人間を含む動物はこれほどまでに高い機能を持つまでに進化してきたのです。

骨の老化

しかし、こんなに優れた骨も加齢とともに劣化し、老化につながります。

骨の代謝スピードは1年間に数%で、約10年くらいかけて体の骨が全て新しく入れ替わると考えられています。

骨の代謝は高齢になっても常に行われていますが、加齢とともに周期は次第にスローペースとなり、骨の「鉄筋」であるコラーゲンの代謝も骨の代謝に合わせスローペースになっていきます。

骨の代謝には「破骨細胞」「骨芽細胞」という2種類の細胞が関り、まず破骨細胞が古くなって壊す必要が生じた骨のもとへ行き、酸や酵素などで骨を溶かし壊します。

そして、骨から溶け出たカルシウムは、再び血液中に戻されます。

その後、破骨細胞が去った後に活動を始めるのが骨芽細胞で、まず土台となるコラーゲンなどのタンパク質を造りだします。

土台ができたら、そこに壁材となるカルシウムやリンを埋め込み、時間とともに自ら成長し広がり土台を覆い、骨が完成します。

このように、骨の代謝は「壊す」⇒「作る」という流れで、壊さない限りは新しい骨は造られないのです。

しかし、加齢に伴って、その「壊す」工程がスムーズにいかなくなります。

古い家具などのネジがさび付いて、外れにくくなるといったイメージです。

このように骨の老化が進み、骨密度が低下していき強度が無くなっていき、様々な症状が現れるようになってきます。

そんな、加齢によってスローペースとなるコラーゲン代謝に、コラーゲンペプチドが役立つのではないかという研究が進められています。